簡易軌道シリーズ
歌登のマイクロレールバスV



1999年に発売したあと、動輪を3点支持式にグレードアップしたUを8年後の2007年に発売。以来、11年間もの間在庫切れになっておりましたが、「根室拓殖の銀龍号」のように、新たに設計をし直して発売する事に致しました。

当初はそのままUを再生産しようと考えていたのですが、今の目で見ると19年前の設計はいささか他の車両たちよりも見劣りがして、この間には様々な角度から撮られた写真がネット上に発表されるようになり、より実物に近い模型にできると踏んだからです。

これぞ「マイクロレールバスの決定版!」というものを目指して設計致しましたので、どうぞ御期待ください。





模型製品について

*美しくエッチング処理をされた真鍮板をプレスしていき、適材適所に細密なロストワックスを散りばめ
 る、という当社流の作り方を踏襲していますので、手にしたときの重量感、持つ喜びを感じて頂けるも
 のと思います。
*今回の製品の最大の特長は台枠と軸受まわりの再現です。真横から軸受を撮った写真を発見しましたの
 で、まず完璧なものになったと思います。
*この外観図は運転席の上に通風機を追加した末期の姿を現していますが、これの無い初期型も製造致し
 ますので、お好みによりお選びください。



トータルキット:初期型 \23800 末期型 \24800
未塗装キット:初期型 \47600 末期型 \49600
塗装済完成品:初期型 \59500 末期型 \62000



今回は少しでもお求めやすい価格を実現するために、箔押の化粧箱を廃して袋詰め包装と致しました。
  (未塗装キット・塗装済完成品の場合は専用ラベルを添付した汎用箱に無償でお納め致します。
   また、トータルキットでこの箱を御希望の方には実費\822でお分け致します)




製品では形態を重視するために朝顔カプラー対応になっていますが、他社製品と連結させるためにはその車輌に別売の「朝顔カプラー(簡易軌道用(草軽用と同等品です))」と「朝顔カプラー用ピン」「朝顔カプラー用長いリンク」を取り付ける必要があります。その場合には製品と一緒に御予約ください。

朝顔カプラー(簡易軌道用)\493(2個入)、朝顔カプラー用ピン\462(10本入)、朝顔カプラー用長いリンク\493

塗装は当社製「MWカラー」の「MWC-02 王滝営林署DL用ブラック」「MWC-03 上運営林署DL用クリーム」「MWC-15 井笠用レッド」「MWC-09 クリヤー」「MWC-10 フラットベース」「MWC-17 ウェザリンググレー(屋根にも使用)」と「MWC-52 MWシンナー(1リッター)」「MWC-53 MWプライマー」をお使い下さい。



DCC運転をされる方は別売の「Digitrax製DZ126デコーダー」を一緒にお求め下さい。
また、塗装済完成品でも御希望の方には組み込みを致します。

DZ126デコーダー\3700 塗装済完成品に組み込みの場合はその価格から\5000UPとなります。



*誠に申し訳ございませんが、製造の都合で根室拓殖の銀龍号X&Yと発売順を逆にさせて頂き、こちらの製品の方を先に出させて頂きます。(2018.08.12)



こちら